toggle
2019-07-12

465の便り vol.2 夏に向けて

6月のopenから早一か月。季節も少しずつ夏へ向かっています。

仕込みや接客、マルシェ出店にも少しずつ慣れ、いいタイミングで夏の新作へ取り掛かれました。

和で構成した 千利休パフェ はじめました。

6月29日は大沼ジャズフェスティバルに初参加。心地の良いリズムに乗りながらのイベント出店は楽しかった。エゾ鹿ザンギもありがたいことに大盛況!7月からのランチメニューにエゾ鹿ザンギプレートとして登場させることにしました。

高級部位である背ロース。特製タレで下味を。

465ガーデンの自然農法で育っている野菜たちもすくすく育っています。とっても愛おしい。

さて、ここで育った無農薬・無肥料の大葉。

自然農法で、いきいき。

これを手作りの3年熟成味噌(有機大豆や自然塩など厳選しています)と合わせてみました。

丁寧に仕込んだ熟成味噌
大葉と味噌をベースに、薬味を加えました。

これが最高に合うんです。ご飯にそのままのっけたり、おむすびの具にしたり、野菜と炒めたり…その可能性は無限大。この手作り味噌。2年経過した時点では風味があっても旨味に欠けていたのですが、カフェを始めたこのタイミングで急成長を遂げました。わたしたちの想いに応えてくれたかのよう。3年の時を越え、カフェ料理に使用できるいまにじーんと感謝の念が込み上げます。

時を越える食材がもう一つ、今年も漬けました梅シロップ&梅酒。

料理に使えるまでは、まだまだかかります。

そして、今週から始まったブルーベリー&カシスの収穫。

ご近所の無農薬栽培をしているハウレット農園のハヌルさんとともに、収穫は自分たちで。

どんな自然環境で伸び伸び育っているのかをこの目で見て、この手で収穫するからこそ、カフェの料理として反映するときの想いは格別。この地球で、植物とヒトが織りなす一つの結晶。バックグランドを知っているのとそうでないかは天地の差だと思っています。

畑の宝石。

タルトやパフェ、スムージーにありがたく使わせて頂きます。

お世話になっている農家さんの畑も大変賑わってきています。

トマト、ズッキーニ、きゅうり、とうもろこし…。自然のお恵み祭りです!

この時期は彩り豊かでわくわくしますね。常に自然とともに在ることを胸に、今日もたくさんの恵みを受け、生きています。

ぜひ夏の465cafeへ足をお運びくださいな♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です