toggle
2019-07-27

vol.3 ≪意識を変える≫いまが絶好のタイミング


 暑いですね。465cafeは自然風を取り入れ暑さをしのいでいます。。。
エアコンは非常事態にでもならない限り使用しません。

その代わり…さっぱり爽やかなブルーベリーパフェや、薬膳カレーを用意しています♪ 陰の力を借りて、身体に適度な涼をとりいれてくださいね。

無農薬ブルーベリーを使った≪蒼の洞窟パフェ≫

オーガニックスパイスや地元の有機野菜使った薬膳カレー

465cafeのFacebook・Instagramは以下からどうぞ。

さて、2020年を迎えるまで、もう6ヵ月切りましたね。

『2020』

みなさん、この数字から何を連想しますか?

ほとんどの方が東京オリンピックを思い浮かべるのでは?

私個人としては、オリンピックよりも注目されるべきだと思う、ある協定が2020から運用スタートします。それが…

『 パリ協定

「パリ協定」とは
気候変動=地球温暖化を阻止すべく、 世界197ヶ国 が協力して環境問題に取り組むこと

―具体的な目的は 2030
産業革命前(1800年前後)からの気温上昇を「2℃未満」に抑える。
頑張れそうなら気温上昇「1.5℃未満」も目指す。

地球環境に対して、同じ目標を持って協力することに197ヶ国が合意したのです。

こんなこと、人類史上初めてのことです。

この事実だけでも胸が熱いのですが…。

地球環境や、1℃・2℃の温暖化と言われてもピンとこない方もいるかと思い、
日本の気象庁から資料を引っ張ってきました。

ちなみに、産業革命前から今現在まで、既に1℃上昇しています。

2007年、約10年前の異常気象の数

約10年前の異常気象(気象庁より)

下の図が2018年、昨年の異常気象の数

去年の異常気象(気象庁より)

これが、1800年から徐々に気温上昇し続け、約1℃上昇した結果です。
この10年だけで一気に増えてしまったのが一目瞭然。

んん??たった1℃で?」 と思われる方もいるかもしれません。

そうです、たった1℃上昇で、既に、こんなにも世界のあちこちで綻びし始めています。

みなさんも、少なからず体感しているはずです。やたら暑かったり雨が降ったり。実際に死人もでています。

世界に目を向けるとその状況がどれだけ切迫しているかわかります。

タイムリーな情報として、欧州熱波によってフランス・パリで、過去最高の42.6度が。その他地域でも40℃程の気温が観測されました。

暑さだけではありません。
○干ばつ →アフリカ、オーストラリア等
○熱波 →インド、パキスタン、アメリカ、ヨーロッパ等
○森林火災 →ギリシャ、オーストラリア等
○ハリケーン・台風 →アメリカ、日本、フィリピン、中国等
○貧困/水不足 →アフリカ、アジア等

すべて動植物の命が失われています。調べきれない程の環境被害があちこちで噴き出ています。メディアではあまり報道されませんね…。

こんな状況で、いまより更にもう1℃上昇を許したらどうなるか。数ある現象や情報からでも、己の感覚からでも想像は容易いのでは?
0.5℃の上昇でも相当な影響がでると警告されています。

このままでは人間都合の問題だけでなく、他の動植物の安住の地さえ奪ってしまいます。

きっと上の世界地図が背景色と文字で見えなくなってしまうのではないでしょうか。

「…いやいや、パリ協定よ。有無を言わさず1.5℃未満目指しましょ?」

と、この情報を知った倫理感ある人ならば、誰もが考えますよね。

当然、政治色ある国策レベルだけでは間に合いません。

いま必要とされるのは 世紀の新技術でも、カリスマ性抜群の革命児でもありません。

地球上で暮らしている私たち一人ひとりの意識改革こそ、必要なのです。

いつの時代も、民間の力で成し遂げてきたことはたくさんあります。
世界の市民運動の歴史がそれを証明しています。

やれることは、まだまだ本当に、たくさんあります。
身の回りの生活、当たり前と思っていることも、実は環境汚染に加担していることもあります。疑問を抱いたら、一度立ち止まり、調べてみましょう。

そのための情報も、いまこの時代だからこそ手に入ります。

発信し続けている人もたくさんいます。

自分の意識一つで、必要な知識は手に入り、すぐにでも行動していけます。

本当は、現象として表面化する前に対処しないといけなかった。
でもだからこそ!いまここから、変えていきましょう。世界中が大きく揺さぶられているこのタイミング。自らの意志で流れに乗りましょう。

わたしたちも、発信し、行動し続けます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です